グッチ、仮想通貨決済を米国の一部店舗で導入へ

アルトコイン

高級ファッションブランドのGucci(グッチ)は4日、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)を始めとする10以上の暗号資産(仮想通貨)支払いに対応することを発表した。

開始時期は5月末頃を予定しており、まずはニューヨーク・ロサンゼルス・マイアミ・アトランタ・ラスベガスの計5店舗で導入を開始。今年の夏までには北米の全店舗で対応していく見込みだ。

対応予定の仮想通貨銘柄は以下の通り。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • シバイヌコイン(SHIB)
  • ドージコイン(DOGE)
  • ラップドビットコイン(WBTC)

また、上記の銘柄以外にも、米ドルに連動した5つのステーブルコインに対応する予定で、12種類の銘柄による支払いが可能となる。

タイトルとURLをコピーしました